健康経営

柚の木福祉会と健康経営

 

 

 

 

  柚の木福祉会と健康経営  

柚の木福祉会と健康経営

私たちは「誰もが安心して生活できる住みよい社会を作る」ことを事業活動の使命として、こどもから高齢者までライフステージ全般に寄り添い、障がいの有無にかかわらず多様性を受け入れる支援・介護を続けていきます。
そのためにはまず、職員自身が心身ともに健康であり、楽しみながら業務に取り組むことが重要です。
そして利用者様、そのご家族、地域などのニーズに応えることにより、相互に信頼を構築していきます。このような地域福祉の発展に貢献できるよう持続的で健康的な経営を目指します。

柚の木福祉会の目標

・健康寿命を延ばすことで社会保障関係費抑制への貢献を目指します
・職員はかけがえのない貴重な財産だという認識をより強化し、健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組み、
働きやすい労務環境にします
・健康の啓発、広報を行います
・健康を通して安心安全なまちづくりへつなげていきます
・職員の健康増進と企業の健全な健康経営がマッチして100年企業を目指します

​持続可能な福祉を提供するためにやるべきこと

​1 柚の木健康アクションプランを継続します

・感染症予防、感染症拡大防止
・健康維持、増進と健康寿命の延伸
・メンタルヘルス対策
​・労務環境の整備

など

​2 雇用場での安全・衛生を確保し、職員が安心して労働できる環境配慮を行います

・施設環境安全点検 1回/年
・管理監督者向けハラスメント研修 1回/年
​・一般職員向けハラスメント防止研修 1回/年 など

3 望まない受動喫煙をなくします

・全事業所の敷地内禁煙
​・個々人の禁煙支援

4 労務環境を整えます

・有給休暇取得奨励策 実施
​・全事業所、全部署とも定時退勤 実施 など

「健康経営優良法人2024」認定

令和6年

健康経営優良法人 5年連続認定

※中小規模法人部門

Logo_Yuryo2024_Chusho_color_yoko.png

『健康経営優良法人認定制度とは、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから評価を受けることができる環境を整備することを目的に、2016年度に経済産業省が創設した制度です。』経済産業省ホームページより 

柚の木福祉会では「輝く笑顔と最高の仕事」の企業理念のもと、健康診断でのオプション付加、健康活動の共有、日常的なウォーキングや軽運動など、多くの健康活動が推進され、職員一人ひとりが健康づくりに取り組んでおります。

それらの活動が評価され、「健康経営優良法人 2024」の認定を受けることができました。

地域福祉のさらなる充実を目指し確実に一歩一歩進んで参ります。今後とも皆さまのご理解、ご支援よろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。