社会福祉法人柚の木福祉会


  概 要

“あなたと寄り添う計画”

事業所設立の考え方2(障がい者の働く事業所)


 方向性



  幸せ作りの1枚の絵


幸せ作りの1枚の絵
こどもやハンディのある方や高齢者が自立したいと思ったり、考えたりする意思を大切にします。

そこには当事者だけでなく、家族や地域の方々、法人職員等、人それぞれに固有の権利があり、
それを尊重することが基本です。
その上で、当事者の権利を擁護しなければなりません。

更に、家族とともに当事者の自立へのサポートを行なうことに加えて、家族への精神的サポートも大切にします。

地域に根ざした福祉を展開していく上で、行政や関係機関との密な連携作りが必要です。
そして地域の方々には、こどもの心やハンディそのものを知ってもらうよう積極的にアプローチしたり、
啓発イベントを行なったり、ご協力いただける環境を作ったり、ボランティア受け入れ態勢を整えたりします。
ボランティア育成も自信を持っていきます。

企業には就労とともに意識改革をも視野に入れて開拓し、実績を上げています。

公共施設を活用した福祉施設の展開と、プロの技術と自覚を持った高資質の職員と、効率的な複数職員サポート体制による支援システムを構築しています。

これらをうまく融合させ、地域で「幸せ作りの1枚の絵」を完成したいと願っています。