社会福祉法人 柚の木福祉会
カムカムホーム和

日中、就労又は就労継続支援等のサービスを利用している知的がい者・精神障がい者であって、
地域において自立した日常生活を営む上で、相談等の日常生活上の援助が必要な方。
  • 単身での生活は不安があるため、一定の支援を受けながら、地域の中で暮らしたい
  • 一定の介護が必要であるが、施設でなく、地域の中でくらしたい
  • 施設を退所して、地域生活へ移行したいが、いきなりの単身生活には不安がある

Facebook

 

サービス内容
家事等の日常生活上の支援を提供。

「カムカムホーム和 は女性ばかりのグループホームです。
毎日がにぎやかで本当に 笑顔が絶えないというくらい
名前の通り明るく・暖かなグループホームです。

入居者は4名、支援員が1名の計5 名で生活を共にしております。
カムカムホーム和は平成15年12月9日 「障がい者の日」 に開所致しました。
入居者のみなさんも不安を抱える中でのグループ ホームのスタートでしたが、
今は地域の方々に多くのお力沿いを頂き、パワーも 頂いているように感じます。



地域の方々が日常的に訪問されます。
毎日の食事は、アイデアを出し合ってメニュー
を決定しています。また、調理は全て利用者が主体と
なって行なっています。
クリスマス会や新年会など定期的に
地域の方々をお招きして親睦会を行なっています。
どんな活動をしてるの?
開所して約2年半。地域の行事にはもちろんのこと多くの方々との交流を行っております。たとえば、カムカムホーム和に年に地域の方をお招きする新年会、バーべ キュー、食事会。そして地域のバレーボール大会や夏祭り、最近ではソフトボール大会にも参加をしました。夏祭りでは、浴衣を着て参加してるんですよ。カラオケにも参加しております。
毎年多くの行事に参加をし楽しい日々を送っています。
最近、地域の方のご指導により陸上(中・長距離)をはじめました。以前から走ることが好きだった入居者のお二人は、大満足です。
自立に向けて

柚の木福祉会のグループホームは、必ず入居者の方が自分たちで自分たちの生活を行うこととなっています。
カムカムホーム和でも、もちろん例外ではありません。
入居者の皆さんが掃除や洗濯・料理当番を自ら行っております。2年半前は苦手だった包丁さばきも、日々上達し自信へと繋がっています。

生活力があがってきました。スポーツで余暇活動を充実し、そして地域に溶け込む。すばらしいことですよね!!

地域の皆さんだけでなく多くの皆さん是非遊びに来られてください。いつでもお待ち しております★

7月29日、地域の方を招いてのバーべキュー交流会が行われました。
カムカムホーム和周辺の地域の皆様を始め、いつもお世話になっていた笹原ストアー さま、衆議員議員の渡辺具能さまもご参加下さり、とてもにぎやかなバーベキュー交流 会を迎えることが出来ました。
入居者の皆さんも恥ずかしながらも地域の方々にお酌をされたり、また会話も弾み楽しく充実した時間を過ごせたのではないかと思います。
第1回目に行ったバーベキュー交流会では地域の方ともまだなじめない様子であった入居者の皆さんもGHで生活をし夏祭り、スポーツ大会、清掃作業、食事会など地域の行事等に参加をすることで少しづつ地域社会になじみ、地域の中で支えられながら日々成長をされいます。
2回目のバーベキュー交流会を迎えられたことで改めて感謝の気持ちと今後の活躍に胸を膨らませています。入居者の皆さんも始めはなかなか言葉に出来ず、戸惑いをみせることもありましたが今では顔なじみの方が多く安心したのでしょう。仕事おことやカムカムホーム和でのこといろんなお話をされておりました。地域の方へは、カムカムホーム和を知り理解をしてくださっていることにとても感謝の気持ちでいっぱいです。
もちろん、多くの方から「よく頑張っているね」とお褒めの言葉もかけかれます。 
嬉しいですね!!
地域の皆さんもこの日はとても喜んで帰られました。
バーべキュウー交流会だけでなく食事会や地域の行事などに関してもこれからも地域のかたと共に力を合わせ、入居者の皆さんも地域に貢献できるようにもっと、もっとなりたいですね。

就職おめでとう
橋本さんが、志免町にあります株式会社アンド・ケアに3ヶ月のトライアル雇用を経て本採用されました。
橋本さんはこれまでに柚の木学園やあゆみのもり須恵で多くの作業体験を積み、。技術を磨いてきました。
また、ジョブコーチのもと、就労を目指して社会人としての礼儀やコミニケーション力など社会適応能力を高めてきました。
一方で「カムカムホーム和」に入所し、生活訓練を行い、地域の方に支えられて自立を目指して頑張ってきました。

カムカムホーム和
事業所 カムカムホーム和
事業内容 知的障がい者グループホーム
所在地 〒811‐2114 
福岡県糟屋郡須惠町上須惠1243-2
電話 092-934-0213
FAX 092-934-0213
代表者 白谷 憲生
自立支援者
(世話人)
姫野
公共機関での
アクセス

バス 博多駅交通センター(37,39)⇒福岡空港前(3)乗り換え⇒アザレアホール前
九州道 須恵PA出口(普通車・ETCのみ)から車で3分